MENU

アクセス・概要

法人概要

名称 有限会社 グローバル教育研究所
代表 北村 真也
連絡先 〒621-0846 京都府亀岡市南つつじヶ丘大葉台2-44-9
TEL: 0771-29-5800 FAX: 0771-29-5805
グループ法人

・一般社団法人 学びラボ

・任意団体 小さな森の実行委員会

グループ事業内容

【有限会社グローバル教育研究所】
・フリースクール(京都府教育委員会認定フリースクール)
・ハイスクール(通信制サポート校・高認予備校)
・探究スクール(学習塾)
【一般社団法人学びラボ】
・ペアレントサポート(教育相談)
・ユースサポート(若者支援)
・教員サポート(研究・研修事業)
【任意団体小さな森の実行委員会】
・地域活動(ラウンドテーブル・語り場・出会い場)

グループ事業Webサイト
・学びの森
学びの森
・学びの森 探究スクール
学びの森 探究スクール
・学びの森 フリースクール
学びの森 フリースクール
・学びの森 ハイスクール
学びの森 ハイスクール
・学びの森 ユーススクール
学びの森 ユーススクール
・学びの森
 放課後等デイサービス
学びの森 放課後等デイサービス
委託事業

・民間施設連携支援実践調査研究委託事業(府教委2005-2006)
・フリースクール連携推進事業(府教委2007-2013)
・学校復帰支援事業(府教委2014)
・生徒指導・進路指導総合推進事業(文科省2012)
・いじめ対策等生徒指導推進事業(文科省2013、2015)
・初期型ひきこもり訪問応援「チーム絆」地域推進事業(京都府2009-2011)
・子ども若者自立支援訪問事業(京都府2012-2016)
・フリースクール等で学ぶ不登校児童生徒への支援モデル事業(府教委2016)

・若者就職支援等推進事業(京都府2017-)
・ひきこもり訪問応援「チーム絆」地域推進業務(京都府2017-)
・フリースクール連携推進事業(府教委2017-)
・京都府教職員研修講座(府総合教育センター2018)

アクセス

● 学びの森

 

【電車・バス】
JR嵯峨野線「亀岡」駅(京都駅より快速20分)
→ 京阪バス「30・32・34・36」番 1番のりば(約15分)
→「大葉台2丁目」バス停からすぐ
バス時刻表へ
JR嵯峨野線「馬堀」駅(京都駅より普通23分)
→ 京阪バス「34・35・36・38」番 1番のりば(約15分)
→「大葉台2丁目」バス停からすぐ
バス時刻表へ

【車】
京都駅より約45分
京都縦貫道 篠IC下車5分

● 学びラボ

 

京都市下京区四条通新町東入月鉾町52

イヌイ四条ビル3F flag四条

 

地下鉄四条駅、阪急烏丸駅㉔出口徒歩1分

連携・協力団体

行政機関 文部科学省、厚生労働省、京都府教育委員会、京都市教育委員会、各市町村教育委員会、京都府府民生活部・商工労働部・健康福祉部
大学・研究機関 立命館大学、京都女子大学、神戸国際大学、京都学園大学
学校 各公立・私立小中高校、支援学校
福祉・医療 京都府家庭支援総合センター、京都市パトナ、京都府南丹保健所、 丹波支援学校地域支援センター、花の木医療センター、社会福祉法人松花苑、 亀岡市社会福祉協議会、もみじクリニック、やましたクリニック、ますい心療内科、京都市ユースサービス協会、京都若者サポートステーション

メディア掲載

>もっと見る

2017年12月 京都新聞にて「京都府教育長と生徒たちとの意見交流」が取り上げられました。
2017年11月 京都新聞にて学びの森が事務局を務める「なんたん子ども若者ネットワーク会議」が取り上げられました。
2017年10月 京都新聞にて学びの森が実施した「乙訓教育局の養護教員研修」が取り上げられました。
2017年9月-10月 朝日新聞のコラム「いま子どもたちは」に、学びの森が7回にわたって連載されました。
2017年6月 京都新聞にて学びの森が事務局を務める南丹地域の不登校・ひきこもりのネットワーク「なんたんユースHUB」が取り上げられました。
2017年3月 京都新聞にて多様な学びのあり方をテーマとした「不登校・ひきこもりを考える京都フォーラム」が取り上げられました。
2016年10月 京都新聞にて学びの森フリースクールが立ち上げた「なんたん子ども若者ネットワーク会議」が取り上げられました。
2016年3月 京都新聞、毎日新聞にて「不登校・ひきこもりを考える京都フォーラム(現:京都ユースフォーラム)」が取り上げられました。
2015年7月 京都新聞にて「小さな森の実行委員会の森の出会い場」が取り上げられました。
2015年4月 NHK「ニュースおはよう日本」にて学びの森が取り上げられました。
2015年3月 京都新聞、朝日新聞にて立命館大学で実施した「公開ラウンドテーブル(現:京都ユースフォーラム)」が取り上げられました。
2014年3月 京都新聞にて「小さな森」オープンの様子が取り上げられました。
2013年10月 神戸新聞にて「兵庫県立家島高校との合同実習の様子」が取り上げられました。
2012年12月 京都新聞にて「京都ラウンドテーブル(現:なんたんラウンドテーブル)」が取り上げられました。
2011年9月 京都新聞の「フリースクール進行形」に学びの森が取り上げられました。
2009年7月 NHK「おはよう関西」にて学びの森が取り上げられました。
2009年3月 毎日新聞にて「もう一つの学び場」として学びの森が取り上げられました。
2008年5月 京都新聞、読売新聞にて「フリースクール認定制度」が取り上げられました。
2006年9月 京都新聞にて「フリースクールにおける出席認定」が取り上げられました。

>もっと見る

これまでの歩み

2000年 学習者主体のラーニング・コミュニティとして「アウラ学びの森」開校 その実践を研究、報告する目的で「グローバル教育研究所」併設
2003年 アウラ学びの森に一人の不登校の生徒が訪れる。知誠館開設のきっかけとなる
2005年 学校へ行かない小中学生のためのフリースクール、高校の転入や編入を希望する若者たちのための通信制高校サポート校や高認予備校として、「知誠館」がアウラ学びの森に併設される
2007年 京都府教育委員会「フリースクール連携推進事業」受託 京都府教育委員会「認定フリースクール」指定
2009年 京都府青少年課「初期型ひきこもり訪問応援チーム絆地域推進事業」受託
2012年 文部科学省「生徒指導・進路指導総合推進事業」受託、京都府青少年課「子ども若者訪問支援事業」受託
2013年 代表が国立青少年教育振興機構主催「日独青少年指導者セミナー」参加、渡独 文部科学省「いじめ対策等生徒指導推進事業」受託
2014年 公開ラウンドテーブル「学校へ通わない問題、学校へ通い続ける問題」開催 不登校・ひきこもり出張相談「南丹サテライト」開設
2015年 不登校・ひきこもりを考える京都フォーラム「学校に通わない問題、通い続ける問題」開催
2016年 「なんたん子ども若者ネットワーク会議」を開催、不登校・ひきこもり出張相談「京丹波サテライト」開設、不登校・ひきこもりを考える京都フォーラム「多様な学びを考える」開催
2017年 名称を「アウラ学びの森」より「学びの森」に変更、「なんたんユースHUB」発足、「学びの森ユーススクール(学びラボ)」開設、「学びの森放課後デイサービス」開設
2018年

京都ユースフォーラム「私の学び、みんなの学び」開催、京都府より教職員研修講座を受託、北村代表が亀岡市教育委員に就任