MENU

コンセプト

不登校を、自由で豊かな学びのはじまりに。

好きな机に座り、先生や仲間と会話をしながら
一人ひとりが自分のペースで学習する学びの森。

ここは単なる居場所ではなく、子どもの成長・変容をサポートする場です。

子どもたちは、学びを通じて他者や社会への興味を広げ、
自分の将来を前向きに考えるようになります。
次の進路を選び、目標へ向かって力強く歩み出していくのです。

大きく葉を広げるヘゴシダの木の下で、彼らは人生を切り拓く力を育みます。

5つのサポート

個別理解 学習:教科の学習、探究的な学習、模擬試験、受験対策 心理:臨床心理士によるカウンセリング、外部組織との連携サポート ナラティブ:変更なし 家族:変更なし キャリア:変更なし ↓成長・変容↓進学↓社会との豊かな関わり> 詳しく見る> 詳しく見る
学びの森代表・副代表からのメッセージ
「不登校になってよかった」と
親も子も言える日が来るように。
これは、ある卒業生のお母様の言葉です。不登校は単なる挫折ではなく、大きな成長・変容のきっかけになり得る1つのチャンスだと私たちは考えています。学びの森では、生活・心理面のサポートをしながら、教科を学ぶ個別学習に加え、探究学習などのより実践的な学習にも取り組みます。また、子どもが変わっていくためには、親御さんが広い視野をもって家族のあり方を振り返ることが重要です。お悩みの方は、ぜひ一度お話を聞かせてください。
学びの森 代表 北村 真也
同じ子どもの不登校を経験した母として、
親御さんの心を支えたい。
私たち夫婦の長女は中学3年生の時に不登校になりました。さまざまな葛藤を抱えていた彼女でしたが、その後フリースクールで学び、大学入学後はアメリカでの留学・インターンシップなど様々なことに挑戦し、今は社会人として、彼女ならではの人生を生きています。2人の娘を育てる中で、予想だにしない試練がたくさんありました。子どもの自己形成の時期である15~17歳の頃は、私も娘もそれぞれによき理解者との出会いがあり、その方々に支えられて前へ進んできました。同じような問題を抱えておられる皆さんに、私たち家族や学びの森で一緒に過ごしてきた子どもたちの経験をいかして、少しでもお力添えができればと思っております。
学びの森 副代表 北村 恵美子